↓背中のニキビ・ぶつぶつ対策で人気NO.1

背中のぶつぶつを治してドレスをきることができました

私が背中の様子が違っていることに気づいたのは、ある会に出席をすると決まった時でした。
その会というのは、いろいろな人が出席をするとても大きな会だったので、私としても張り切って、出席をしようと思っていたのです。
そしてその会に出席するために、素敵なドレスを購入することにしました。
ドレスをきるというのは、一生のうちにそんなにあることがではないのです。
そのため、自分が欲しいと思っているドレスについて、きて楽しもうと思っていました。
そしてそのドレスを購入しようと思って、ドレスを販売している店で、お気に入りのドレスを試着しようと思った時です。

 

その時に、普段あまり見ることのない、私自身の背中を見たのです。
すると、とてもびっくりとしたことがあったのです。
それはなんと私の背中に、ブツブツとしたものがたくさんできていることに気づいたのです。
そのぶつぶつは、はっきりと見ないと、そんなに目立つということはないのですが、ドレスをきることによって、背中が相手いるので、人に見られることになるのです。
そのドレスはまた、余計に背中があいているものだったので、その背中ではきることができないと思ったことでした。
しかし、そのドレスを購入したいという気持ちになっていた私は、そのドレスを諦めることができず、一ヶ月後に控えたその会までに、背中のぶつぶつを治すことにしたのです。

 

しかし治すといっても背中なので、どのようにしたらいいのか、自分で治すことが出来るだろうかと、とても不安になりました。
そのため、インターネットで検索して、その背中のぶつぶつについて、どのような原因でなっているのか調べることにしたのです。
すると多くの場合は、ニキビのようであると、書かれてありました。
そして私の背中のぶつぶつをよく見た時、少し赤くなっているところもあるので、私のものもニキビの可能性が高いと思ったのです。

 

そしてそのインターネットで検索した時に、その背中のニキビに効果を発揮することができる塗り薬についても書かれていたので、それを試して見ることにしたのです。

 

そして早速、背中に塗ることにしました。
やっとのことで背中に自分で塗ることができ、少しづつよくなることを祈っていたのです。
不思議なことに、ニキビといっても痛みがあるわけでもなく、違和感を全く感じていなかったので、見つけることもなかったと思っています。

 

そしてそれをつけて、薬2週間後ぐらいになると、ほとんどのぶつぶつがなくなり、無事ドレスをきることができました。
その塗り薬に、とても感謝をしています。

↓背中のニキビ・ぶつぶつ対策で人気NO.1

いちごジャムをのせたような赤いできものが腰と背中に派手にできてパニックに

腰から背中にかけて、いちごジャムのようなすごいブツブツができて、卒倒しそうになったことがあります。最初は、汗疹だろうとたかをくくって、様子を見て過ごしていました。ところが、1日ごとに範囲が大きく広がっていって、色も真っ赤で、どこをどう見ても、通常の汗疹とは違う見たこともないブツブツのでき具合に、あせってパニックになりました。家族も、私の腰から背中にかけてできている、真っ赤なブツブツを見て、それはもう病院行きレベルのブツブツだよ、ということでした。改めて、尋常ではない赤いふきでものぶりを感じたので、すぐ皮膚科に行きました。

 

看護師にも、山に行きましたか? とか、何かいつもと変わったことをしましたか、など聞かれました。何も思い当たる節が一切ないので、ますます不安になってしまいました。診察をすると、なんと帯状疱疹という診断でした。皮膚科の先生には、何か疲れることをしなかったか、と聞かれましたが、特にありません。という流れで終わりました。それよりも大変だと思ったのは、帯状疱疹は、後々痛みが残ることもあって、そのときはペインクリニックへ紹介もする、という話が出てショックを受けました。それほどまでに、帯状疱疹は大変な病気なんだと思ったからです。一生懸命治療はするけれども、痛みが残るときはペインクリニックに紹介します。という話を聞いて、その後の自分の身が不安になりました。

 

帯状疱疹は、体の半分に帯状にできるものということも、皮膚科で聞きました。だから、私のブツブツは腰から背中にかけて半分だけできていたのかと、納得しました。自宅に帰って、生活態度を振り返ると、いつも以上に疲れる作業をしたことを思い出しました。地域のゴミの分別の仕方がちょうど大幅に変更されたときだったので、真夏に7日かけてゴミの分別を汗だくになって、やったのを思い出しました。いつもの家事とは違うことを丸7日もかけてやって、その疲れた体で、ゴミの分別に合わせて、分別に合うゴミ箱を探しまわって買い物に行ったことも、さらにとどめがささった感じで、相当な疲労感があったのを思い出しました。きっとそれが原因だと、自分で思いました。

 

慌てて分別しなくても良いように、あらかじめゴミの分別が変わるという知らせがきていたのに、慌ててやったことで家事の負担量が増えたという、自業自得の要素もある疲労から、帯状疱疹になったようなものでした。疲労を極度にためないように、適度に毎日少しずつというのは、家事にも必要だと改めてこのとき反省しました。病は気からとよくいいますが、極度の疲労からもくるものだと思いました。

 

幸いだったのは、腰から背中にかけてのできものが綺麗にすぐに消えたことです。1週間もしないうちに、飲み薬での治療で改善されたことです。先生も驚いていました。帯状疱疹が、こんなにすぐに治る人は初めて見たとびっくりしていました。不幸中の幸いでした。痛みも残らず数日で完治してしまいました。

参考:帯状疱疹HOME - ヘルペス情報サイト

背中ニキビに効果がある薬を選ぶには

背中ニキビは、様々な原因により出来てしまうものですが正しく薬を選ぶことで効果的に治すことができます。 きちんと直さないと背中ニキビであっても痕が残ってしまう可能性があります。

背中ニキビができてしまうのは、食生活やストレスによるものもありますがシャンプーなどの洗い残しも原因の一つです。 効果がある薬ならば、炎症を抑えるなどの成分が多く含まれていますが、選ぶ基準としては保湿する効果があるものを選ぶとよいです。また背中ニキビに効果があると実証されたものを選ぶことも忘れてはいけません。 市販されている薬ならば、すぐに手に入るものが多いですがきちんと効果まで確認して選ぶ必要があります。確実に治したいのであれば処方される薬を使うとよいです。

処方されるので病院行く必要がありますが、背中ニキビが治らない場合は一度見てもらったほうがいいです。背中ニキビとはいえ、ケアの仕方が間違っていることもあるので確認しておくとよいです。 薬は症状の緩和を目的にしているものです。薬を有効に使うことで早く治すことができますが、過剰に使ってはいけません。市販されているものでも処方されるものでも、どの程度使えばいいか注意することは何か確認しておくことを忘れてはいけません。

正しく使わないと、効果がなくなってしまうこともあります。 生活習慣の改善が必要になることもあります。背中ニキビでも出来る限り触らないようにすることです。また寝る際は寝汗をかいていないか確認しておくとよいです。寝汗をかいているのであれば、起きた時に風呂に入るなどして清潔にすることが大切です。

清潔な状態にしてから薬を使うようにすれば、より効果的になるといえます。 栄養バランスを考えて、偏った食生活にならないようして睡眠を十分にとるとよいです。ストレス解消のために運動をするとよいです。また背中ニキビのことを気にしすぎないことも大切です。気にしてしまうとそれだけストレスになってしまうこともあるので、生活を見直して薬をきちんと使うとよいです。

皮膚科で受ける背中ニキビの効果的な治療法

背中と言うのは自分ではなかなか見ることの出来ない部位ですが、実は人からはかなり目に付く気になる部位でもあります。そんな場所に背中ニキビができてしまったとき、自分でケアするのは簡単なことではありません。鏡を見ながら自分の後姿を確認しつつ、薬を塗ったりといったケアをするのですが、1人でしようとすると、これがけっこう難しいものです。 顔にできるニキビと同じように、背中にできるニキビもその原因や最も適した対処法は異なります。そして顔にできるニキビと最も違う点が、背中ニキビの場合、洋服などで刺激を受けて化膿しやすいという点にあります。そして化膿してしまうと洋服を汚してしまうことにもつながるので、できれば綺麗に治療しておきたいものです。

自己流で治すのではなく皮膚科などの医療機関を受診して正確に診断してもらうことで治療を効果的に行うことができます。美容皮膚科では背中にきびの治療にケミカルピーリングを行ったり抗アレルギー薬を処方したり、男性ホルモンを抑制する薬を内服したりすることがあります。治ってもすぐにまたできてしまうしつこい背中ニキビに悩まされていた人も、ケミカルピーリングの施術を何度か受けるうちに綺麗に完治するケースは少なくありません。

また、背中にできたぶつぶつがニキビだと思い込んでいたけれど、実際には毛孔性苔せんと呼ばれる状態であるケースもあります。これはニキビとは違って体質的にできてしまうものなので、にきびの治療とは全く違った治療法を受ける必要があります。

また、背中とデコルテ部分にできるニキビの原因はホルモンバランスの乱れやアレルギーなどが影響を与えている可能性が高く、飲み薬や注射などを併用することで、より治療効果を高めることができる場合もあります。 そして化膿して赤くはれた状態のにきびが背中に多くできている場合にはニキビ菌が異常繁殖していることが考えられます。このような状態のときには皮膚科で処方される抗生剤の内服や外用薬の使用が効果的です。

おしりニキビの対策法ならここ

自分でできる背中ニキビのケアの方法

背中ニキビは自分ではなかなか見ることができませんが、人目にはつきやすいです。そのため、しっかりとケアを行うことが大切です。背中ニキビのケアの方法ですが、まずは入浴方法を改めることが重要になってきます。体を洗う前に、湯船に浸かり、しっかりと毛穴を開かせておきます。シャワーで済ませてしまわないように注意してください。しっかりと毛穴が開いたら、髪の毛や顔を先に洗っておきます。最後に髪の毛を洗ってしまうと、シャンプーなどが背中に残って背中ニキビの原因になってしまうので、必ず先に髪を洗うようにしてください。

次に、背中の洗い方ですが、背中専用のボディータオルを使うのがおすすめです。これを使うことで、洗い残しをなくすことができます。ごしごしこするのではなく、なるべく優しく洗うようにしてください。石鹸の刺激が強すぎるのも肌によくないので、弱アルカリ性の石鹸を使うようにしてください。洗い終わったらしっかりと石鹸を洗い流しておきます。入浴後は化粧水を使ってしっかりと保湿を行なっていきます。顔に使う化粧水で構わないので、たっぷりとつけてください。

また、食生活の改善も背中ニキビのケア方法の一つです。ビタミンCが多く含まれているものを食べることで、肌のターンオーバーを促進させ、綺麗な背中に戻る手助けをしてくれます。ビタミンCが多く含まれている食べ物には、キウイやグレープフルーツ、みかんなどの果物や、ピーマン、ブロッコリー、さつまいもなどの野菜があります。肉類を食べ過ぎると、皮脂の分泌を促してしまい、背中ニキビの原因になるので、なるべく野菜を食べるようにしてください。寝るときの服装も大切で、できることなら毎日パジャマを変えるようにしてください。パジャマには、寝ている間にかいた汗や、布団に住み着いているダニなどが大量についているので、洗濯をしないとニキビの原因になってしまいます。シーツやパジャマを清潔に保つことで、肌トラブルを改善することができます。

↓背中のニキビ・ぶつぶつ対策で人気NO.1